ビルトインガスコンロの トッププレート(天板)サイズの選び方を紹介します
     
まず ビルトインガスコンロには 「60cm天板」 と 「75cm」 天板があります
     
組込み式のビルトインガスコンロには60cmと75cmの二つのタイプの天板があります
これはシステムキッチンタイプで決まるわけではないので お客様のお好みの問題になります
     
下のグリルの部分がまったく同じサイズであり 天板のサイズが違うだけなので
キッチンのはめ込み部分の影響を受けない天板は サイズが選べるということです
     
では 60cm天板と 75cm天板は どちらがよいのかな?ってことになりますよね?
     
それでは 60cm天板と 75cm天板の メリット デメリットを 紹介していきたいと思います  
     
 
上の画像のように 60cm天板と75cm天板では バーナーの間隔が違います
     
 60cm天板のメリット デメリット
60cmはお鍋をバーナーに置いたときにお鍋同士の間隔が狭く お鍋の移動が不便だったり
調理中に隣のお鍋に手が触れそうになったり 狭いので余裕がありません
また 一時的にお鍋を置いておくスペースが天板にないため
人口大理石に置いたりするなど 不便な面が見られます

コンロ単品で見るとデメリットのみですが キッチン全体でみると大きなメリットがあります
天板が60cmで小さいので キッチンの調理スペースは大きく確保できると言う点です
準備した食材を置いたり お皿を置いたり この調理スペースが大きいことは大きなメリットとなります
     
75cm天板のメリット デメリット
75cm天板はもちろん60cm天板の逆になりますので コンロの使用は広々大きく使用でき
天板上にお鍋を置くことができ コンロ調理は余裕をもってできます

反面 キッチン全体で見ると調理スペースが狭くなりますので お皿や食材の準備で置いておくには少し狭いです
コンロ目線で見ると75cm天板のほうがメリットがあり
キッチン目線で見ると60cm天板のほうがメリットがあります

これを踏まえてビルトインコンロの大きさを決めるといいと思います
     
  ビルトインガスコンロの トッププレート(天板)種類の選び方を紹介します
 
天板・種類
材 質 長 所 短 所
ハイパーガラストップ 表面がガラス質だから 汚れがサッと拭き取れます
衝撃にも強いからキズがつきにくく
安心して長く使えます
お値段が・・・
ガラストップ 耐久性や耐熱性に優れ 掃除もしやすく
お手入れが簡単
見た目も美しく 今主流の商品です
重たいものを落とした場合破損の恐れがある
ガラスコート ホーローの天板にガラス質をコーティングした物
ガラスに近い光沢感があり
ガラストップコンロよりも価格が安い
長年の使用のうちにコーティングが剥げてくることがある
フッ素コート 天板にフッ素をコーティングしたもの
油がこびりつきにくくお手入れが簡単
金属タワシなどでこすったり
研磨剤入りの洗剤を使用したりすると
コーティングが剥がれてしまうことがある
ホーロー 耐久性に優れているため
こびりついた汚れをゴシゴシ擦っても大丈夫
汚れがこびりつきやすい為 定期的なお手入れが必要

ガラストップ(イメージ)

ホーロー(イメージ) 
ビルトインコンロの天板(天面)には、素材によって価格や見た目などの違いがあります。

現在は「ガラストップ(クリアガラス)」が主流で、見た目のデザインも良く、清掃性、耐久性もあります。
最近はキズが付きにくく熱や衝撃に強い天板もあります。

「パールクリスタル(ハイパーガラスコート)」は、鮮やかな色彩で「ガラストップ(クリアガラス)」と同様に汚れの落ちやすさやお手入れのしやすさはほぼ同じです。
金額も「ガラストップ(クリアガラス)」より安い傾向にあります。

「ホーロー」は、昔からある技術ですが、「ガラストップ(クリアガラス)」や「パールクリスタル(ハイパーガラスコート)」よりはキズが付きやすいです。
(「プラチナカラー」はより華やかな光沢をホーロー素材に織り込んだもの)

「アルミトップ」は、天板が(厚みのある)アルミ素材のタイプで、ビルトインガスコンロには少し前より 採用されつつあります。
熱伝導が良いことにより熱が素早く分散するため、汚れが焼付きにくくお手入れが楽です。
交換方法は他と同じですが、価格が種類によ り工事費込みで十数万程かかる物もある為、まだあまり主流ではありません。
 
メーカーさん 紹介

「ハーマン」は1930年創業で本社は大阪にあります。

ガスコンロ機器、給湯器などを取り扱っている製品メーカーで、ビルトインコンロを製品化したのはハーマンが日本で初めてになります。
2014年3月より「ハーマンブランド」は順次、新製品からグループ会社である株式会社ノーリツの「ノーリツブランド」へ移行していきます。

「リンナイ」は、1950年に設立、本社は愛知県にあります。

家庭用ガスコンロ、給湯器など、ガス製品の開発・製造会社です。

「パロマ」は、1911年に設立、リンナイと同じく愛知県に本社があります。

主にガスコンロ、湯沸器、ガス暖房装置などを製造する金属製品メーカーです。
リンナイとパロマは共に愛知県で技術のリンナイ、営業のパロマという言葉もあったそうです。





















Copyright (C)Yokohama Gas Corporation. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system