東京ガス社員などを装った詐欺や悪質な事件にご注意ください



東京ガスやガス会社の社員を装いガス料金や修理代金を詐取するなど悪質な事件が発生しています。
十分にご注意ください。

主な犯行の手口は

  • ガスの点検員や集金員、検針員等と称して、お客さま宅を訪問し、
  • 検針票を用いてガス料金を詐取、あるいは偽造した領収書を用いて点検料等を詐取する。
  • 都市ガス警報器の取り付け勧誘として訪問し、代金を請求し、領収後、姿を消す。
  • ガス漏れやガス機器の検査と偽り、お客さま宅内に入り、金品を盗み取る。
  • 給湯器が故障していると偽り、偽の部品を見せ交換したかのように見せ、修理代金を詐取する。
  • ガスメータの取替をするとガス料金が安くなる等と偽り、ガスメータの取替を勧め、実際の取替は行わず、費用を詐取する。
  • 「ガスメータの定期点検」や「ガスの供給停止」を装った迷惑メールを送付し、日程調整のためと偽り、
  • 本文に記載されているリンク先アドレス http://…(以下省略)に誘導する。
  • ガスの点検等を装い、ドアを開けさせ、部屋に侵入して暴行する。
  • 東京ガスのドメイン(tokyo-gas.co.jp)を装った「なりすまし」メールを(・・・@tokyo-gas.co.jpのアドレスから)送付し、
  • 添付ファイルの開封を誘導しウィルスに感染させる。

東京ガスでは

  • 「検針結果のお知らせ」(検針票)でガス料金を集金することはありません。
  • お客さま宅の安全向上のため警報器の取り付けをお勧めしていますが、
  • 取り付け前に代金を請求することはありません。
  • ガス設備の定期保安点検、ガスメータの修理や取替の作業では費用を請求することはありません。
  • また、必ずはがきや訪問チラシ等により事前に訪問のご案内をしております。
  • ガスメータは計量法に基づき10年(一部7年)に一度、定期点検ではなく、
  • 定期取替えを行っております。
  • お客さまへのご案内は東京ガス及び工事会社の電話番号を記載したハガキで行っております。

東京ガスグループの作業員は、東京ガスグループの「身分証」を携行しております。
不審な場合は必ず「身分証」の呈示を求めてください。
なお、不明な点がありましたら、東京ガスお客さまセンターへお問い合わせください。





















Copyright (C)Yokohama Gas Corporation. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system